ベクトルの外積

公開日: : ベクトル解析, 物理数学 , ,

問題

3次元の直交座標系を考える。
ベクトルの成分を
\begin{align*}
\vec{A}=(A_x, A_y, A_z)\\
\vec{B}=(B_x, B_y, B_z)
\end{align*}
とする。

(1) この2つのベクトルの外積が

\begin{align*}
\vec{A}\times\vec{B}=\left(
\begin{array}{ccc}
A_yB_z-A_zB_y\\
A_zB_x-A_xB_z\\
A_xB_y-A_yB_x
\end{array}
\right)
\end{align*}
となることを示せ。

(2) 外積の大きさ$|\vec{A}\times\vec{B}|$が、$\vec{A}$と$\vec{B}$がつくる平行四辺形の面積に等しいことを示せ。


解答

(1) $x$軸、$y$軸、$z$軸方向の単位ベクトルをそれぞれ$\vec{i},\vec{j},\vec{k}$とすると、
\begin{align*}
\vec{A}=A_x\vec{i}+A_y\vec{j}+A_z\vec{k}\\
\vec{B}=B_x\vec{i}+B_y\vec{j}+B_z\vec{k}
\end{align*}
となる。
よってベクトルの外積は、
\begin{align*}
\vec{A}\times\vec{B}=&(A_x\vec{i}+A_y\vec{j}+A_z\vec{k})\times(B_x\vec{i}+B_y\vec{j}+B_z\vec{k})\\
=&A_x\vec{i}\times B_x\vec{i}+A_x\vec{i}\times B_y\vec{j}+A_x\vec{i}\times B_z\vec{k}+\\
&A_y\vec{j}\times B_x\vec{i}+A_y\vec{j}\times B_y\vec{j}+A_y\vec{j}\times B_z\vec{k}+\\
&A_z\vec{k}\times B_x\vec{i}+A_z\vec{k}\times B_y\vec{j}+A_z\vec{k}\times B_z\vec{k}
\end{align*}
ここで単位ベクトルに対して、
\begin{align*}
\vec{i}\times\vec{i}=\vec{j}\times\vec{j}=\vec{k}\times\vec{k}=0\\
\vec{i}\times\vec{j}=\vec{k},\ \vec{j}\times\vec{k}=\vec{i},\ \vec{k}\times\vec{i}=\vec{j}
\end{align*}
が成立する。
従って
\begin{align*}
\vec{A}\times\vec{B}=&A_xB_y\vec{i}\times\vec{j}+A_xB_z\vec{i}\times\vec{k}+\\
&A_yB_x\vec{j}\times\vec{i}+A_yB_z\vec{j}\times\vec{k}+\\
&A_zB_x\vec{k}\times\vec{i}+A_zB_y\vec{k}\times\vec{j}\\
=&A_xB_y\vec{k}+A_xB_z(-\vec{j})+A_yB_x(-\vec{k})+A_yB_z\vec{i}+A_zB_x\vec{j}+A_zB_y(-\vec{i})\\
=&(A_yB_z-A_zB_y)\vec{i}+(A_zB_x-A_xB_z)\vec{j}+(A_xB_y-A_yB_x)\vec{k}\\
=&\left(
\begin{array}{ccc}
A_yB_z-A_zB_y\\
A_zB_x-A_xB_z\\
A_xB_y-A_yB_x
\end{array}
\right)
\end{align*}
となる。

(2)
\begin{align*}
|\vec{A}\times\vec{B}|^2=&\left|\left(
\begin{array}{ccc}
A_yB_z-A_zB_y\\
A_zB_x-A_xB_z\\
A_xB_y-A_yB_x
\end{array}
\right)\right|^2\\
=&(A_yB_z-A_zB_y)^2+(A_zB_x-A_xB_z)^2+(A_xB_y-A_yB_x)^2\\
=&A_y^2B_z^2+A_z^2B_y^2-2A_yB_zA_zB_y+\\
&A_z^2B_x^2+A_x^2B_z^2-2A_zB_xA_xB_z+\\
&A_x^2B_y^2+A_y^2B_x^2-2A_xB_yA_yB_x\\
=&A_x^2(B_y^2+B_z^2)+A_y^2(B_x^2+B_z^2)+A_z^2(B_x^2+B_y^2)\\
&-2(A_xB_yA_yB_x+A_xB_zA_zB_x+A_yB_zA_zB_y)\\
=&A_x^2(B_x^2+B_y^2+B_z^2)+A_y^2(B_x^2+B_y^2+B_z^2)+A_z^2(B_x^2+B_y^2+B_z^2)\\
&-(A_x^2B_x^2+A_y^2B_y^2+A_z^2B_z^2)-2(A_xB_yA_yB_x+A_xB_zA_zB_x+A_yB_zA_zB_y)\\
=&(A_x^2+A_y^2+A_z^2)(B_x^2+B_y^2+B_z^2)-\{(A_xB_x)^2+(A_yB_y)^2+(A_zB_z)^2\\
&+2(A_xB_x)(A_yB_y)+2(A_xB_x)(A_zB_z)+2(A_yB_y)(A_zB_z)\}\\
=&(A_x^2+A_y^2+A_z^2)(B_x^2+B_y^2+B_z^2)-(A_xB_x+A_yB_y+A_zB_z)^2\\
=&|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2-(\vec{A}\cdot\vec{B})^2\\
=&|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2-(|\vec{A}||\vec{B}|\cos\theta)^2\\
=&|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2-|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2\cos^2\theta\\
=&|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2(1-\cos^2\theta)\\
=&|\vec{A}|^2|\vec{B}|^2\sin^2\theta
\end{align*}
よって
\begin{align*}
|\vec{A}\times\vec{B}|=|\vec{A}||\vec{B}|\sin\theta
\end{align*}
となる。一方、$\vec{A}$と$\vec{B}$がつくる平行四辺形は

32a-1

となるのでこの面積$S$は
\begin{align*}
S=|\vec{A}||\vec{B}|\sin\theta
\end{align*}
である。
従って、$|\vec{A}\times\vec{B}|$は$\vec{A}$と$\vec{B}$がつくる平行四辺形の面積に等しい。

ad

関連記事

オイラーの公式と加法定理

問題 (1) オイラーの公式 \begin{align*} e^{ix}=\cos x+i

記事を読む

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\displaystyle \left( \f

記事を読む

ド・モアブルの定理の導出

問題 オイラーの公式$e^{ix}=\cos x +i\sin x$を用いてド・モアブルの定理

記事を読む

加法定理を図で示す

加法定理を図で示す  三角関数の重要公式である「加法定理」は$\sin$と$\cos$の組み合

記事を読む

球の変化率を考える

問題 風船に空気を入れ、膨らませる場合の変化について考える。 風船に毎秒$v_

記事を読む

ベクトルの内積

問題 3次元の直交座標系を考える。 ベクトルの成分を \begin{a

記事を読む

べき級数展開と近似式

問題 関数$f(x)=(1+x)^\alpha$($\alpha$は実数)について (1

記事を読む

円の面積変化を考える

問題 半径$r$の円がある。その半径を微笑量$\diff r$ $(\diff r\ll r)

記事を読む

ベクトルの微分

問題 次の式を証明せよ。ただし$\phi$はスカラーとする。 (1) $\frac{\d

記事を読む

微分方程式~自由落下

問題 質量$m$の物体を自由落下させることを考える。 鉛直下向きを正の向きにとり高さ$z$を

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

ガンマ関数

問題 ガンマ関数$\Gamma (z)$は \begin{eq

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\display

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。

無限に長い直線に分布する電荷が作る電場

問題 単位長さあたりの電気量(線密度)が$\rho$である無限に

→もっと見る

PAGE TOP ↑