ヤングの実験

問題

ヤングの実験を考える。
図のように、平行な2つの幅の狭いスリット$\mathrm{S}_1$, $\mathrm{S}_2$に垂直に光を当てると、
スリットに平行なスクリーン上に明暗の干渉縞が映し出される。
2つのスリットの間隔を$2d$、スクリーンとスリットの距離を$l$とする。
スリットの中点を$\mathrm{M}$、点$\mathrm{M}$からスクリーンへ垂線$\mathrm{M}\mathrm{O}$を引き、
スクリーン上の点$\mathrm{O}$を原点とする。
スクリーン上の位置$x$に点$\mathrm{P}$を取る。
スリットに当てる光の波長を$\lambda$として、スクリーン上の原点$\mathrm{O}$付近にできる
干渉縞の間隔を求めよ。
但し、$d\ll l$, $x\ll l$として近似式の1次まで考えるとする。

11-1


解答

光路差が光の波長の整数倍になるとき干渉して強め合う。
従って明線ができる条件は
\begin{align*}
\mbox{光路差}=\mathrm{S}_2\mathrm{P}-\mathrm{S}_1\mathrm{P}=m \lambda \qquad(m \mbox{は整数)}
\end{align*}
である。

$\mathrm{S}_1\mathrm{P}$について

11a-1

\begin{align*}
\mathrm{S}_1\mathrm{P}=\sqrt{l^2+(x-d)^2}&=\sqrt{l^2\left\{1+\frac{(x-d)^2}{l^2}\right\}}\\
&=l\sqrt{1+\left(\frac{x-d}{l}\right)^2}
\end{align*}
ここで、$d\ll l$, $x\ll l$より$\left(\dfrac{x-d}{l}\right)^2\ll l$である。
よって$(1+x)^\alpha\approx1+\alpha x$の近似を利用すると

\begin{align*}
\sqrt{1+\left(\frac{x-d}{l}\right)^2}&=\left\{1+\left(\frac{x-d}{l}\right)^2\right\}^\frac{1}{2}\\
&\approx1+\frac{1}{2}\left(\frac{x-d}{l}\right)^2
\end{align*}
となる。
よって
\begin{align*}
\mathrm{S}_1\mathrm{P}=l\sqrt{1+\left(\frac{x-d}{l}\right)^2}&\approx l\left\{1+\frac{1}{2}\left(\frac{x-d}{l}\right)^2\right\}\\
&=l+\frac{(x-d)^2}{2l}
\end{align*}
である。

同様に$\mathrm{S}_2\mathrm{P}$について

11a-2

\begin{align*}
\mathrm{S}_2\mathrm{\mathrm{P}}=\sqrt{l^2+(x+d)^2}&=\sqrt{l^2\left\{1+\frac{(x+d)^2}{l^2}\right\}}\\
&=l\sqrt{1+\left(\frac{x+d}{l}\right)^2}\\
&\approx l\left\{1+\frac{1}{2}\left(\frac{x+d}{l}\right)^2\right\}\\
&=l+\frac{(x+d)^2}{2l}
\end{align*}
となる。

よって光路差は
\begin{align*}
\mathrm{S}_2\mathrm{P}-\mathrm{S}_1\mathrm{P}&=l+\frac{(x+d)^2}{2l}-\left\{l+\frac{(x-d)^2}{2l}\right\}\\
&=l+\frac{x^2+2xd+d^2}{2l}-\left\{l+\frac{x^2-2xd+d^2}{2l}\right\}\\
&=\frac{4xd}{2l}\\
&=\frac{2dx}{l}
\end{align*}
となる。
よって$m$番目の強め合う条件は
\begin{align*}
\frac{2dx_m}{l}&=m\lambda\\
x_m&=m\frac{l\lambda}{2d}
\end{align*}
である。
従って干渉縞の間隔$\Delta x$は
\begin{align*}
\Delta x=x_{m+1}-x_m&=(m+1)\frac{l\lambda}{2d}-m\frac{l\lambda}{2d}\\
&=\frac{l\lambda}{2d}
\end{align*}
となる。

ad

関連記事

斜面を滑り降りる運動

問題 摩擦がある水平面となす角 $\theta$ の斜面を質量 $m$ の物体がすべり下り

記事を読む

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。以下の問いに答えよ。

記事を読む

物体の質量が変化する運動

問題 滑らかな水平面上で後方に単位時間当たり$m_0$の物質を噴出しながら 運動する物体があ

記事を読む

力のモーメントの計算

問題 以下の図に力$\vec{F}$が作用した場合の力のモーメント$\vec{M}$を計算

記事を読む

物体が滑り出さない条件

問題 粗い水平面上に置かれた質量$m$の物体に水平と$\alpha$の角をなす方向から 力$

記事を読む

加速度から速度、変位を求める

問題 $x$軸を運動する質点の加速度が \begin{align*}

記事を読む

斜面を滑り下りる運動

問題 水平面をなす角$\theta$の粗い斜面上の点$\mathrm{A}$から物体を初速$v

記事を読む

射法投射と鉛直投げ上げ

問題 質量$m$の質点が初速度$v_0$で投げ出される運動を考える。 鉛直方向に投げた場合の

記事を読む

等速円運動の加速度

問題 質点が原点を中心に半径$r$、角速度$\omega$の等速円運動を行っている。

記事を読む

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の球がある。以下の問いに答えよ。

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

ガンマ関数

問題 ガンマ関数$\Gamma (z)$は \begin{eq

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\display

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。

無限に長い直線に分布する電荷が作る電場

問題 単位長さあたりの電気量(線密度)が$\rho$である無限に

→もっと見る

PAGE TOP ↑