等速円運動の位置、速度、加速度

問題

半径$r_0$、速さ$v_0$で等速円運動をしている物体について
以下の問いに答えよ。

(1) 速度ベクトル$\vec{v}$と位置ベクトル$\vec{r}$が直交していることを示せ。

(2) 速度ベクトル$\vec{v}$と加速度ベクトル$\vec{a}$が直交していることを示せ。

(3) 加速度の大きさ$|\vec{a}|$を求めよ。


34-1


解答

直交を示す方法として、$\vec{v}\cdot\vec{r}=0$を示す方法を用いる。
$\vec{r}$と$\vec{v}$のそれぞれをそれ自身と内積を取ると
等速円運動より
\begin{align*}
\vec{r}\cdot\vec{r}&=|\vec{r}||\vec{r}|\cos\theta\\
&=|\vec{r}|^2\cdot1 \qquad \mbox{($\theta=0$より)}\\
&=|\vec{r}|^2\\
&=r_0^2\\
\vec{v}\cdot\vec{v}&=|\vec{v}||\vec{v}|\cos\theta\\
&=|\vec{v}|^2\cdot1 \qquad \mbox{($\theta=0$より)}\\
&=|\vec{v}|^2\\
&=v_0^2
\end{align*}
となる。

(1)
$\vec{r}\cdot\vec{r}=r_0^2$の両辺を$t$で微分すると
\begin{align*}
\frac{\diff}{\diff t}(\vec{r}\cdot\vec{r})=\frac{\diff\vec{r}}{\diff t}\cdot\vec{r}+\vec{r}\cdot\frac{\diff\vec{r}}{\diff t}&=\frac{\diff}{\diff t}(r_0^2)\\
2\vec{r}\cdot\frac{\diff\vec{r}}{\diff t}&=0\\
\vec{r}\cdot\vec{v}&=0
\end{align*}
従って、$\vec{r}$と$\vec{v}$は直交している。

(2)
$\vec{v}\cdot\vec{v}=v_0^2$の両辺を$t$で微分すると
\begin{align*}
\frac{\diff}{\diff t}(\vec{v}\cdot\vec{v})=\frac{\diff\vec{v}}{\diff t}\cdot\vec{v}+\vec{v}\cdot\frac{\diff\vec{v}}{\diff t}&=\frac{\diff}{\diff t}(v_0^2)\\
2\vec{v}\cdot\frac{\diff\vec{v}}{\diff t}&=0\\
\vec{v}\cdot\vec{a}&=0
\end{align*}
従って、$\vec{r}$と$\vec{a}$は直交している。

(3)
$\vec{r}\cdot\vec{v}=0$の両辺を$t$で微分すると
\begin{align*}
\frac{\diff}{\diff t}(\vec{r}\cdot\vec{v})=\frac{\diff\vec{r}}{\diff t}\cdot\vec{v}+\vec{r}\cdot\frac{\diff\vec{v}}{\diff t}&=0\\
\vec{v}\cdot\vec{v}+\vec{r}\cdot\vec{a}&=0\\
v_0^2+\vec{r}\cdot\vec{a}&=0\\
\vec{r}\cdot\vec{a}&=-v_0^2\\
|\vec{r}||\vec{a}|\cos\theta&=-v_0^2\\
|\vec{r}||\vec{a}|\cdot -1&=-v_0^2\qquad \mbox{($\theta=\pi$より)} \\
|\vec{a}|&=\frac{v_0^2}{|\vec{r}|}\\
|\vec{a}|&=\frac{v_0^2}{r_0}
\end{align*}
となる。

ad

関連記事

極座標の速度

問題 極座標の平面を考える。 速度$\vec{v}$において$r$方向の速度$v_r$と$\

記事を読む

単振動の変位、速度、加速度

問題 なめらかな水平面上に壁からばねが取り付けれられている。 ばねは自然長の状態で静止してい

記事を読む

固定された滑車の運動

問題 天井に固定された滑車に2つの物体がひもでつながれて運動している。 物体の質量をそれぞれ

記事を読む

自由落下運動

問題 質量$m$の物体を自由落下させる。 以下の問いに答えよ。 但し、重力加速度は$g

記事を読む

物体の質量が変化する運動

問題 滑らかな水平面上で後方に単位時間当たり$m_0$の物質を噴出しながら 運動する物体があ

記事を読む

ヤングの実験

問題 ヤングの実験を考える。 図のように、平行な2つの幅の狭いスリット$\math

記事を読む

摩擦係数の定義

問題 水平面上に質量$m$の物体が置かれている。 水平方向から力$F$を加えて動かそうとした

記事を読む

極座標の加速度

問題 極座標の平面を考える。 加速度$\vec{a}$において$r$方向の加速度$a_r$と

記事を読む

万有引力と重力加速度

問題 質量を持つ2つの物体の間には万有引力が作用する。 このことから地球の重力$mg$を求め

記事を読む

2次元平面の極座標表示における速度及び加速度を単位ベクトルを使って導出する

2次元平面の極座標表示における速度$\vec{v}=(v_r, v_\theta)$及び加速度$\v

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

ガンマ関数

問題 ガンマ関数$\Gamma (z)$は \begin{eq

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\display

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。

無限に長い直線に分布する電荷が作る電場

問題 単位長さあたりの電気量(線密度)が$\rho$である無限に

→もっと見る

PAGE TOP ↑