2次元平面の極座標表示における速度及び加速度を単位ベクトルを使って導出する

公開日: : 力学 , ,

2次元平面の極座標表示における速度$\vec{v}=(v_r, v_\theta)$及び加速度$\vec{a}=(a_r, a_\theta)$を単位ベクトルを使って導出する

速度・加速度の極座標表示

運動の軌道の種類によっては極座標で扱った方が理解しやすいことも多い。
ここでは、2次元平面における極座標表示について単位ベクトルを用いて導出する。。

2次元平面の極座標

図のように、位置ベクトル$\vec{r}$と$x$軸とのなす角を$\theta$とする。

2次元平面の極座標の速度

位置ベクトル$\vec{r}$は極座標の単位ベクトルを用いて表すと

\begin{eqnarray*}
\vec{r} = r \vec{e}_r
\end{eqnarray*}

と表される。
従って、速度ベクトル$\vec{v}$は極座標の単位ベクトルを用いて表すと

\begin{eqnarray*}
\vec{v} = \frac{\diff \vec{r}}{\diff t} &=& \frac{\diff}{\diff t} ( r \vec{e}_r ) \\
\\
&=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t}
\end{eqnarray*}

となる。

ここで、極座標の単位ベクトル$\vec{e}_r , \vec{e}_\theta$を$x,y$軸に分解すると下図より

\begin{eqnarray*}
\vec{e}_r =
\begin{pmatrix}
\cos \theta \\
\sin \theta \\
\end{pmatrix}
\ \ \ \
\vec{e}_\theta =
\begin{pmatrix}
-\sin \theta \\
\cos \theta \\
\end{pmatrix}
\end{eqnarray*}

であるから、

\begin{eqnarray*}
\frac{\diff}{\diff t}\left[ \vec{e}_r \right] &=&
\begin{bmatrix}
\frac{\diff}{\diff t} (\cos \theta) \\
\frac{\diff}{\diff t} (\sin \theta) \\
\end{bmatrix}
=
\begin{bmatrix}
-\sin \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\cos \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\end{bmatrix}
= \frac{\diff \theta}{\diff t}
\begin{pmatrix}
-\sin \theta \\
\cos \theta \\
\end{pmatrix}
= \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta
\\ \\
\frac{\diff}{\diff t}\left[ \vec{e}_\theta \right] &=&
\begin{bmatrix}
\frac{\diff}{\diff t} (-\sin \theta) \\
\frac{\diff}{\diff t} ( \cos \theta) \\
\end{bmatrix}
=
\begin{bmatrix}
-\cos \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
-\sin \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\end{bmatrix}
= -\frac{\diff \theta}{\diff t}
\begin{pmatrix}
\cos \theta \\
\sin \theta \\
\end{pmatrix}
= -\frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_r
\end{eqnarray*}

となる。
従って、前式の速度$\vec{v}$は

\begin{eqnarray*}
\vec{v} &=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t} \\
\\
&=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \cdot \frac{\diff \theta}{dt} \vec{e}_\theta
\end{eqnarray*}

と表され、

\begin{eqnarray*}
v_r = \frac{\diff r}{dt} , \ v_\theta = r \frac{\diff \theta}{dt}
\end{eqnarray*}

となる。

2次元平面の極座標の加速度

さらに、加速度$\vec{a}$は

\begin{eqnarray*}
\vec{a} = \frac{\diff \vec{v}}{\diff t} &=& \frac{\diff}{\diff t} ( v_r \vec{e}_r + v_\theta \vec{e}_\theta ) \\
\\
&=& \frac{\diff v_r}{\diff t}\vec{e}_r + v_r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t} + \frac{\diff v_\theta}{\diff t}\vec{e}_\theta + v_\theta \frac{\diff \vec{v}_\theta}{\diff t}\\
\\
&=& \frac{\diff}{\diff t} \left( \frac{\diff r}{\diff t} \right) \vec{e}_r +
\frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta +
\frac{\diff}{\diff t} \left( r \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \vec{e}_\theta +
r \frac{\diff \theta}{\diff t} \left( – \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \vec{e}_r \\
\\
&=& \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} \vec{e}_r + \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta +
\left[ \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t}
+ r \frac{\diff}{\diff t} \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \right] \vec{e}_\theta
– r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2 \vec{e}_r \\
\\
&=& \left[ \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} – r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2\right] \vec{e}_r +
\left[ 2 \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} + r \frac{\diff ^2 \theta}{\diff t^2} \right] \vec{e}_\theta
\\
\end{eqnarray*}

と表され、

\begin{eqnarray*}
a_r &=& \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} – r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2 \\
\\
a_\theta &=& 2 \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} + r \frac{\diff ^2 \theta}{\diff t^2}
\end{eqnarray*}

となる。

ad

関連記事

単振り子のエネルギー保存

問題 質量$m$の物体が長さ$l$の糸につるされている。 この物体の単振り子運動においてエネ

記事を読む

摩擦力のある物体の運動

問題 粗い水平面上に置かれた質量$m$の物体がある。 この物体に初速度$v_0$を与えて

記事を読む

単振動の微分方程式

問題 単振動の微分方程式 \begin{align*} m\frac{\diff^2 x}

記事を読む

物体が滑り出さない条件

問題 粗い水平面上に置かれた質量$m$の物体に水平と$\alpha$の角をなす方向から 力$

記事を読む

斜衝突の運動

問題 質量が等しい2つの質点A, Bがある。 静止しているBに速度$v_0$でAが衝突し、そ

記事を読む

極座標の加速度

問題 極座標の平面を考える。 加速度$\vec{a}$において$r$方向の加速度$a_r$と

記事を読む

単振動のエネルギー

問題 滑らかな水平面上にばねと物体が図のように設置されている。 物体の質量を$m$、ばね定数

記事を読む

万有引力と重力加速度

問題 質量を持つ2つの物体の間には万有引力が作用する。 このことから地球の重力$mg$を求め

記事を読む

等速円運動の加速度

問題 質点が原点を中心に半径$r$、角速度$\omega$の等速円運動を行っている。

記事を読む

地球の質量と平均密度

問題 地球の質量と平均密度を万有引力の法則を用いて見積もるとする。 地球の半径を$R_\ma

記事を読む

ad

ad

ガンマ関数

問題 ガンマ関数$\Gamma (z)$は \begin{eq

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\display

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。

無限に長い直線に分布する電荷が作る電場

問題 単位長さあたりの電気量(線密度)が$\rho$である無限に

→もっと見る

PAGE TOP ↑