2次元平面の極座標表示における速度及び加速度を単位ベクトルを使って導出する

公開日: : 力学 , ,

2次元平面の極座標表示における速度$\vec{v}=(v_r, v_\theta)$及び加速度$\vec{a}=(a_r, a_\theta)$を単位ベクトルを使って導出する

速度・加速度の極座標表示

運動の軌道の種類によっては極座標で扱った方が理解しやすいことも多い。
ここでは、2次元平面における極座標表示について単位ベクトルを用いて導出する。。

2次元平面の極座標

図のように、位置ベクトル$\vec{r}$と$x$軸とのなす角を$\theta$とする。

2次元平面の極座標の速度

位置ベクトル$\vec{r}$は極座標の単位ベクトルを用いて表すと

\begin{eqnarray*}
\vec{r} = r \vec{e}_r
\end{eqnarray*}

と表される。
従って、速度ベクトル$\vec{v}$は極座標の単位ベクトルを用いて表すと

\begin{eqnarray*}
\vec{v} = \frac{\diff \vec{r}}{\diff t} &=& \frac{\diff}{\diff t} ( r \vec{e}_r ) \\
\\
&=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t}
\end{eqnarray*}

となる。

ここで、極座標の単位ベクトル$\vec{e}_r , \vec{e}_\theta$を$x,y$軸に分解すると下図より

\begin{eqnarray*}
\vec{e}_r =
\begin{pmatrix}
\cos \theta \\
\sin \theta \\
\end{pmatrix}
\ \ \ \
\vec{e}_\theta =
\begin{pmatrix}
-\sin \theta \\
\cos \theta \\
\end{pmatrix}
\end{eqnarray*}

であるから、

\begin{eqnarray*}
\frac{\diff}{\diff t}\left[ \vec{e}_r \right] &=&
\begin{bmatrix}
\frac{\diff}{\diff t} (\cos \theta) \\
\frac{\diff}{\diff t} (\sin \theta) \\
\end{bmatrix}
=
\begin{bmatrix}
-\sin \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\cos \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\end{bmatrix}
= \frac{\diff \theta}{\diff t}
\begin{pmatrix}
-\sin \theta \\
\cos \theta \\
\end{pmatrix}
= \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta
\\ \\
\frac{\diff}{\diff t}\left[ \vec{e}_\theta \right] &=&
\begin{bmatrix}
\frac{\diff}{\diff t} (-\sin \theta) \\
\frac{\diff}{\diff t} ( \cos \theta) \\
\end{bmatrix}
=
\begin{bmatrix}
-\cos \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
-\sin \theta \frac{\diff \theta}{\diff t} \\
\end{bmatrix}
= -\frac{\diff \theta}{\diff t}
\begin{pmatrix}
\cos \theta \\
\sin \theta \\
\end{pmatrix}
= -\frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_r
\end{eqnarray*}

となる。
従って、前式の速度$\vec{v}$は

\begin{eqnarray*}
\vec{v} &=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t} \\
\\
&=& \frac{\diff r}{dt} \vec{e}_r + r \cdot \frac{\diff \theta}{dt} \vec{e}_\theta
\end{eqnarray*}

と表され、

\begin{eqnarray*}
v_r = \frac{\diff r}{dt} , \ v_\theta = r \frac{\diff \theta}{dt}
\end{eqnarray*}

となる。

2次元平面の極座標の加速度

さらに、加速度$\vec{a}$は

\begin{eqnarray*}
\vec{a} = \frac{\diff \vec{v}}{\diff t} &=& \frac{\diff}{\diff t} ( v_r \vec{e}_r + v_\theta \vec{e}_\theta ) \\
\\
&=& \frac{\diff v_r}{\diff t}\vec{e}_r + v_r \frac{\diff \vec{e}_r}{\diff t} + \frac{\diff v_\theta}{\diff t}\vec{e}_\theta + v_\theta \frac{\diff \vec{v}_\theta}{\diff t}\\
\\
&=& \frac{\diff}{\diff t} \left( \frac{\diff r}{\diff t} \right) \vec{e}_r +
\frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta +
\frac{\diff}{\diff t} \left( r \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \vec{e}_\theta +
r \frac{\diff \theta}{\diff t} \left( – \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \vec{e}_r \\
\\
&=& \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} \vec{e}_r + \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} \vec{e}_\theta +
\left[ \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t}
+ r \frac{\diff}{\diff t} \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) \right] \vec{e}_\theta
– r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2 \vec{e}_r \\
\\
&=& \left[ \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} – r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2\right] \vec{e}_r +
\left[ 2 \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} + r \frac{\diff ^2 \theta}{\diff t^2} \right] \vec{e}_\theta
\\
\end{eqnarray*}

と表され、

\begin{eqnarray*}
a_r &=& \frac{\diff ^2 r}{\diff t^2} – r \left( \frac{\diff \theta}{\diff t} \right) ^2 \\
\\
a_\theta &=& 2 \frac{\diff r}{\diff t} \frac{\diff \theta}{\diff t} + r \frac{\diff ^2 \theta}{\diff t^2}
\end{eqnarray*}

となる。

ad

関連記事

2球の正面衝突

問題 2球の正面衝突を考える。 この衝突において運動量が保持することを運動方程式を用いて

記事を読む

地球の質量と平均密度

問題 地球の質量と平均密度を万有引力の法則を用いて見積もるとする。 地球の半径を$R_\ma

記事を読む

万有引力と重力加速度

問題 質量を持つ2つの物体の間には万有引力が作用する。 このことから地球の重力$mg$を求め

記事を読む

斜面を滑り降りる運動

問題 摩擦がある水平面となす角 $\theta$ の斜面を質量 $m$ の物体がすべり下り

記事を読む

自由落下運動

問題 質量$m$の物体を自由落下させる。 以下の問いに答えよ。 但し、重力加速度は$g

記事を読む

固定された滑車の運動

問題 天井に固定された滑車に2つの物体がひもでつながれて運動している。 物体の質量をそれぞれ

記事を読む

接触した物体の運動

問題 滑らかな水平面上に2つの物体$\mathrm{A}$,$\mathrm{B}$が接触して

記事を読む

外力が$F(t)$が作用する運動

問題 質量$m$の質点に外力$F(t)$を加え、質点を運動させた。 質点の任意の時刻$t$に

記事を読む

摩擦係数の定義

問題 水平面上に質量$m$の物体が置かれている。 水平方向から力$F$を加えて動かそうとした

記事を読む

単振動の変位、速度、加速度

問題 なめらかな水平面上に壁からばねが取り付けれられている。 ばねは自然長の状態で静止してい

記事を読む

ad

ad

ガンマ関数

問題 ガンマ関数$\Gamma (z)$は \begin{eq

偏微分の関係式の導出

問題 以下の関係式を導出せよ。 (1) $\display

球の表面に一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な面密度$\sigma$で球表面に帯電した半径$R$の

一様に帯電した球が作る電場

問題 一様な電荷密度$\rho$で帯電した半径$R$の球がある。

無限に長い直線に分布する電荷が作る電場

問題 単位長さあたりの電気量(線密度)が$\rho$である無限に

→もっと見る

PAGE TOP ↑